実績紹介

市野坪の家2

市街地に建つ4間×4間の住まい。
外観は白いガルバリウムに杉板を組み合わせ、木製バルコニーがアクセントになります。
南側の大きな窓に面して吹抜けとスノコ床の物干しスペースを計画し、採光と空気の流れを確保しました。

家事に専念できる独立キッチン。
トレーニングのためにリビング上部に設けたうんてい。
愛犬の居場所と自転車の壁掛けスタンドが置ける広い玄関土間。

住まい手さんの希望を叶えながら暮らしやすさを追求しました。

床下と小屋裏にエアコンを設置し、1台分のエネルギーで全館の冷暖房が可能な住まいの性能となっています。

= = = = =
長期優良住宅  耐震等級2 耐雪2.0m

Q値:1.23W/m2K  Ua値:0.372W/m2K  C値:0.3cm2/m2(実測値)
暖房負荷:59.84kWh/m2  冷房負荷:15.42kWh/m2
= = = = =
【Q値】熱損失係数。外壁・床・天井・屋根・窓など、面を貫通して逃げる熱と換気によって逃げる熱の合計を延床面積で割った値。数値が小さいほど熱が逃げにくいことを表します。

【Ua値】外皮平均熱貫流率。外壁・床・天井・屋根・窓など、面を貫通して逃げる熱を外皮面積(家の表面積)で割った値。数値が小さいほど、熱が逃げにくいことを表します。

【C値】相当隙間面積=延べ床面積当たりの隙間量。気密性能を示し、数値が小さいほど家に隙間がないということです。