実績紹介

長倉の家 2

『家族と過ごす時間にちょっとした冒険を。』

杉板張りの落ち着いた中に白色の塗り壁をワンポイントにした外観。
吹抜からあたたかい陽の入るリビングには、薪ストーブと壁に設けたボルダリングがあります。

リビングから外へとつながるウッドデッキ、その先につづく庭は、外遊びをアクティブにしてくれます。
畑で野菜をつくって収穫したり、植栽を施して季節を感じたり‥と家で過ごす楽しみが広がりそう♪

ストーブの焔を見ながらのんびりとくつろぐ。庭やボルダリングで体を大きく動かす。
大人も子どもも思いっきり楽しめる住まいです。

高気密高断熱の住まいだからこそ、薪ストーブを活用した全館暖房が可能になった、日々を心地良く過ごせるお住まいです。

= = = = =

〈性能値〉
・Q値         1.83  (W / ㎡・K)
・Ua値          0.431(W / ㎡・K)
・C値         0.5  (㎠ / ㎡)
・年間暖房負荷(20℃)  58.27(kWh / ㎡・年)
・年間冷房負荷(27℃)  21.83(kWh / ㎡・年)

長期優良住宅  耐震等級2 耐雪2m

= = = = =
【Q値】熱損失係数。外壁・床・天井・屋根・窓など、面を貫通して逃げる熱と換気によって逃げる熱の合計を延床面積で割った値。数値が小さいほど熱が逃げにくいことを表します。

【Ua値】外皮平均熱貫流率。外壁・床・天井・屋根・窓など、面を貫通して逃げる熱を外皮面積(家の表面積)で割った値。数値が小さいほど、熱が逃げにくいことを表します。

【C値】相当隙間面積=延べ床面積当たりの隙間量。気密性能を示し、数値が小さいほど家に隙間がないということです。

【年間暖冷房負荷】1年間でかかる暖房・冷房のエネルギー量を延床面積で割った値。数値が低いほどエネルギー負荷が少ないことを表します。